conference2017_top_b.jpg

タイムテーブル

タイムスケジュール 内容
09:30~10:00 来場受付
10:00~10:10

開会のご挨拶

株式会社BCN 週刊BCN編集長 畔上 文昭

10:10~11:10
11:10~12:00

特別講演 企業の生産性を高めるOffice of The Future
~資産の遊休リソースを使いきる“現実的IoT”でスマートオフィス化を目指す試み~

株式会社日本HP
パーソナルシステムズ事業本部
兼 サービス・ソリューション事業本部
執行役員 パーソナルシステムズ事業本部長
兼 サービス・ソリューション事業本部長
九嶋 俊一 氏

12:00~12:30 Break※軽食をご準備しております。
分科会 トラックA トラックB トラックC
12:30~13:10

A-1

ランサムウェア、HCI、クラウド
~IT部門のキーワードから見る簡単導入バックアップの必要性

arcserve Japan合同会社
ソリューション統括部
統括部長
今井 敏博 氏

B-1

クラウドグループウェアでひろがる新たなビジネスチャンス

サイボウズ株式会社
ビジネスマーケティング本部
ビジネスプロダクトマネージャー
池田 陽介 氏

C-1

デジタル時代を勝ち抜くには!?
~事例に学ぶ、PaaS/IaaS導入の成功へのシナリオ~

日本オラクル株式会社
オラクル・デジタル
執行役員
本多 充 氏

13:10~13:20 Break
13:20~13:30

A-2

2017年上半期ITトレンド
~クラウドの風向きが変わるかも

株式会社BCN
週刊BCN 編集長
畔上 文昭
 

Break
13:30~13:40

B-2

Connected Industriesの実現に向けた経済産業省の取組について

経済産業省
商務情報政策局 情報経済課
課長補佐(総括)
河野 孝史 氏

Break
13:40~13:50

C-2

デジタルトランスフォーメーションにおけるユーザーニーズの変化とその対応

シネックスインフォテック株式会社
テクノロジーソリューション本部
本部長
清水 章太郎 氏

14:00~14:10 Break
14:10~14:20 Break
14:20~14:30

A-3

デジタル革命を加速する!日本マイクロソフトの新しいパートナー施策のご紹介

日本マイクロソフト株式会社
パートナーマーケティング統括本部
ソリューションマーケティング本部
本部長
川瀬 透 氏

Break
14:30~14:40

B-3

APIでつなぐ新しいビジネス機会の創造

サイオステクノロジー株式会社
APIエコノミー推進部
部長
二瓶 司 氏

14:40~14:50

C-3

企業の無線LANに最適な認証方式とその構築
「何を、何から守りたいのか」に立ち返って考える無線LANセキュリティ

株式会社ソリトンシステムズ
マーケティング部
プロダクトマネージャー
五味田 直樹 氏

15:00~15:10 Break
15:10~15:20 Break
15:20~15:30

A-4

デジタル革命最前線2017
~FinTech、ブロックチェーンがエンタープライズITをどう変えるか~

株式会社BCN
週刊BCN 記者
本多 和幸

Break
15:30~15:40

B-4

IoTセキュリティの課題と最新動向
~ソフトバンクC&Sの取り組みとZingBoxソリューションの紹介~

ソフトバンク コマース&サービス株式会社
ICT事業本部 MD本部
ネットワーク&セキュリティ統括部
統括部長
平井 宏範 氏

15:40~15:50

C-4

ブロックチェーン技術の展開とビジネス活用に向けた課題(仮)

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
研究部長/准教授/主幹研究員
高木 聡一郎 氏

16:00~16:10 Break
16:10~16:20 Break
16:20~16:30

A-5

ストレージからみるHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の最新動向

株式会社ネットワールド
ストラテジック・プロダクツ営業部
係長
福住 遊 氏

Break
16:30~16:40

B-5

タブレットが開く新しいITビジネス

株式会社MetaMoJi
代表取締役
浮川 和宣 氏

16:40~16:50

C-5

OEMワークフローで開発コストを大幅削減! 「ATLED Work Platform」

株式会社エイトレッド
経営戦略室
室長
平田 圭 氏

17:00~17:10 Break
17:10~17:20 Break
17:20~17:30 Break
17:30~18:00
18:00~19:30 懇親会

お申し込みはこちら▶▶▶

セッション詳細

10:10~11:10 基調講演
デジタルトランスフォーメーションの現在と未来
 - デジタルは、わたしたちのビジネスをどう変えるのか -
katsu.jpg
サイバー大学
IT総合学部
教授
勝 眞一郎 氏

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を、提唱者であるErick StoltermanとAnnna Croon Forsは、「わたしたちの暮らしのあらゆる場面におけるデジタル技術がもたらし、影響を与えた『変化』」と定義している。農業、工業、サービス業、教育、地方創生、働き方改革などの分野で現在進んでいる変化について、その本質を構造的に探り、これからさらにどのようにトランスフォーム(変態)し、ビジネスにインパクトを与えていくのかについて考えるヒントを紹介する。

【講師プロフィール】
 1964年生まれ。奄美大島出身。98年、中央大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。同年、ヤンマー入社、情報システム、経営企画、物流管理、開発設計など、製造業全般を担当。07年からサイバー大学IT総合学部准教授、12年から現職。NPO法人離島経済新聞社理事、鹿児島県奄美市産業創出プロデューサー。奄美大島と藤沢市の二地域居住。「カレーで学ぶプロジェクトマネジメント」(デザインエッグ社)などの著書がある。
11:10~12:00 特別講演
企業の生産性を高めるOffice of The Future ~資産の遊休リソースを使いきる“現実的IoT”でスマートオフィス化を目指す試み~
t_kushima_b.jpg
株式会社日本HP
パーソナルシステムズ事業本部
 兼 サービス・ソリューション事業本部
 執行役員 パーソナルシステムズ事業本部長
 兼 サービス・ソリューション事業本部長

九嶋 俊一 氏

 昨今物のインターネット (IoT)の議論が活発になってから久しいですが、注目すべきものはやはりセンサーです。「あらゆる物がネットワークに繋がる」ということ自体には意味はなく、搭載されたセンサーにより「物の状態がネットワーク経由で共有される」ことで価値が生まれます。例えば空き家が増えている問題と旅行者の宿泊施設が不足している問題を解決することで、新しい価値を生みだしたAirbnbのようなサービスがあります。こちらはセンサーではなく人間が物の状態を共有することで成立していますが、センサーを活用したIoTが狙っているビジネスモデルもAirbnbと同じであることに気付くと、IoTの可能性が無限にあることが理解できます。
 オフィスの中でもミーティングルームをはじめとした使われていない多くの資産がある一方で、必要な時に必要なリソースが使えないというジレンマがあり、これらの解決による生産性の向上というのは日常の企業活動でも思い当たる節があるのではないでしょうか。
 今回のセッションでは企業におけるITの体験場面を5つに整理し、その体験を向上するための方策を、様々な製品を“現実的IoT”として利用する方法を含めて具体的に解説します。
A-1 12:30~13:10
ランサムウェア、HCI、クラウド
~IT部門のキーワードから見る簡単導入バックアップの必要性
imai.jpg
arcserve Japan合同会社
ソリューション統括部
統括部長
今井 敏博 氏

 ランサムウェア対策、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、クラウド ・・・ これら2017年上半期におけるIT業界のキーワードは、下半期でも変わらず企業ITの重大な関心事であり、多くの企業が早期の導入を検討しています。 本セッションでは、上記キーワードに関連したシステムの提案や導入に不可欠なバックアップシステムを早期に実現する、サイジング不要で手離れの良いバックアップアプライアンス 「Arcserve UDP Appliance 7000シリーズ」が売れている理由を以下の切り口から解説いたします。

・ ランサムウェア対策に必要なバックアップの考慮点と、Arcserve UDP Applianceの実現方法
・ HCIにも欠かせないバックアップシステムに、Arcserve UDP Applianceがベストマッチする理由
・ 多様な利用形態があるクラウドに対するArcserve UDP Applianceならではの柔軟な対応
・ Arcserve UDP Applianceの最新情報
B-1 12:30~13:10
クラウドグループウェアでひろがる新たなビジネスチャンス
cybozu_2.jpg
サイボウズ株式会社
ビジネスマーケティング本部
ビジネスプロダクトマネージャー
池田 陽介 氏

 いまや企業のインフラとなったコミュニケーション基盤のクラウド化がますます加速しています。 様々なシステムやサービスとつながることで、どのようなビジネスチャンスが生まれるのか。

 本セッションでは、サイボウズのエンタープライズグループウェア「Garoon」と業務改善プラットフォーム「kintone」の連携性、拡張性をご紹介しつつ、サイボウズのクラウド製品を活用した新たなビジ ネスチャンスについてご紹介致します。
C-1 12:30~13:10
デジタル時代を勝ち抜くには!?
~事例に学ぶ、PaaS/IaaS導入の成功へのシナリオ~
c_1honda.jpg
日本オラクル株式会社
オラクル・デジタル
 執行役員

本多 充 氏

 お客様がITシステムの課題を解決するための手段として、クラウドを選ぶことが当たり前の時代になりました。 いまや選択の基準はコストだけでなく、導入後の運用管理、データ転送のコスト、可用性やセキュリティ、さらにはこれまで培ってきた経験・ノウハウを生かせるかどうかがクラウドの効果に結びついています。

 本セッションでは、「PaaS/IaaS導入企業の成功シナリオ」と題して、オンプレミス環境のクラウド移行や、新しいビジネスやサービスの立ち上げで、どのようにクラウド導入に取り組み効果を得られたのか、実際の導入事例を中心にご紹介します。
A-2 13:20~14:00
2017年上半期ITトレンド
~クラウドの風向きが変わるかも
a_2azegami.jpg
株式会社BCN
週刊BCN 編集長
畔上 文昭

 クラウドのなかでもインフラ寄りのIaaS/PaaSは、単純な価格競争ではなく、サービス内容の強化や多様化が競争力そのものになりつつあります。その一方で、オンプレミスに対するニーズも根強く、“まずはクラウド”の風向きが変わりそうです。そして、AIブームの最中、「AIで何かできないか」がクラウドに変わってトレンドとなりつつあります。本セッションでは、クラウドやAI、IoT、セキュリティといったITトレンドの現在地と近未来予測を紹介します。
B-2 13:30~14:10
Connected Industriesの実現に向けた経済産業省の取組について
b_2kouno.jpg
経済産業省
商務情報政策局 情報経済課
課長補佐(総括)
河野 孝史 氏

 本年3月にドイツで開催されたCeBITにおいて、安倍総理、世耕経済産業大臣から提言されたコンセプト「Connected Industries」。データを介して、人、モノ、技術、機械等が、企業、産業、世代を越えてつながることで、社会課題を解決し、新たな付加価値を創出するような我が国産業のあるべき姿を示したものであり、日本政府としては、これを通じたSociety 5.0の実現を目指しています。このためには、AIやIoT等を活用した革新的な産業モデルの創出とその広い展開を支援するとともに、その基盤となるデータの流通・利活用環境の整備を行うことが重要となりますが、本講演ではそのために経済産業省が実施する具体的な政策を紹介します。
C-2 13:40~14:20
デジタルトランスフォーメーションにおけるユーザーニーズの変化とその対応
c_2shimizu.jpg
シネックスインフォテック株式会社
テクノロジーソリューション本部
本部長
清水 章太郎 氏

 コモディティ化したソリューションがクラウドサービスと接続することでユーザーの利便性向上が進み、企業システムへのユーザーからの要求が多様化しています。 そして、5Gネットワークなど技術革新により更なる利便性向上も予想され、企業システム自体の在り方が転換期を迎えつつあります。

 これらの状況を踏まえつつ、販売パートナー様におけるソリューション提案のポイントとサービス提供の重要性について、米国での展開も含めディストリビューターの視点からご紹介いたします。
A-3 14:20~15:00
デジタル革命を加速する!日本マイクロソフトの新しいパートナー施策のご紹介
a_3kawase.jpg
日本マイクロソフト株式会社
パートナーマーケティング統括本部
 ソリューションマーケティング本部

本部長
川瀬 透 氏

 企業でのデジタルテクノロジー活用は驚異的なスピードで進んでいます。日本マイクロソフトはその市場の急激な変化に対応すべく、7月から始まった新会計年度では、お客様のデジタル革命を加速するために最適化された組織構造へと大きく舵を切りました。同時に、パートナー様向け組織と支援プログラムも全面的に刷新いたしました。本セッションでは、新しくなったパートナー様支援体制について、細部まで余すところなくご紹介いたします。
B-3 14:30~15:10
APIでつなぐ新しいビジネス機会の創造
b_3sios.jpg
サイオステクノロジー株式会社
APIエコノミー推進部
部長
二瓶 司 氏

 昨今急速に認知度が上がってきた「API」というワードですが、日本国内ではまだごく一部の事業者しかAPIを活用できていないのが実情です。

 本セッションでは、APIを活用して「APIエコノミー」を体現しつつある国内の事例を通じて、内部利用、外部公開を問わず、自社のデータ、システム資産をいかに有効活用して結果を創出していくか、いかに投資対効果のパフォーマンスをあげていくか、分析するべき視点、取り組んでいくべきポイント、活用すべきソリューションを紹介します。
C-3 14:40~15:20
企業の無線LANに最適な認証方式とその構築
「何を、何から守りたいのか」に立ち返って考える無線LANセキュリティ
c_3gomita.jpg
株式会社ソリトンシステムズ
マーケティング部
プロダクトマネージャー
五味田 直樹 氏

 スマートフォンやタブレット、モバイルパソコンの急速な進化は、なかば夢物語であった「ワークスタイルの変革」を着実に実現していくべき現実的な経営課題としました。

 しかし、これらの魅力的なデバイスは「安心・安全の無線LANインフラ」なくしては導入することができません。

5年前と今、無線LANの何が激変したのか?
個人向けと法人向け機器の決定的な違いとは?
MACアドレス認証が効果ゼロと言わるのは何故か?etc.

 無線LANを検討するにあたって避けては通れない数々の疑問について、失敗例や情報漏えい事件の原因をひもときながら解説していきます。
A-4 15:20~16:00
デジタル革命最前線2017
~FinTech、ブロックチェーンがエンタープライズITをどう変えるか~
a_4honda.jpg
株式会社BCN
週刊BCN 記者
本多 和幸

 もはやバズワードの域を超え、エンタープライズITにおける成長市場としての地位を確立しようとしている「FinTech」。一方、FinTechのトレンドから生まれた技術でありながら、金融領域に限らず、汎用的な技術として活用でき、インターネット以来の革新を世の中にもたらすともいわれる「ブロックチェーン」も、2017年は実用例が急増しそうな兆しがあります。FinTech、ブロックチェーンという二つのキーワードを軸に、実際に現場で取材をしている記者の目線で市場の動きを解説します。
B-4 15:30~16:10
IoTセキュリティの課題と最新動向
~ソフトバンクC&Sの取り組みとZingBoxソリューションの紹介~
b_4hirai.jpg
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
 ICT事業本部 MD本部
 ネットワーク&セキュリティ統括部
 統括部長
 平井 宏範 氏


 IoTセキュリティの必要性が急速に高まる一方、具体的な解決策はまだまだ不足しています。エンドユーザーの導入への障壁はどこにあるのでしょうか?

 本セッションでは、IoTセキュリティ特有の課題と最新動向を解説し、数多くのセキュリティソリューションをディストリビュータとして提供しているソフトバンクC&Sの取り組み、またZingBoxを中心とした具体的なソリューションをご紹介します。
C-4 15:40~16:20
ブロックチェーン技術の展開とビジネス活用に向けた課題(仮)
c_4takagib.jpg
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
研究部長/准教授/主幹研究員
高木 聡一郎 氏

 ビットコインを実現する仕組みとして誕生した「ブロックチェーン技術」は独自の進化を続け、汎用的な情報資産の管理から、証券取引、中央銀行によるデジタル通貨発行、電力取引など、経済の多くの側面での応用が急ピッチで検討されている。ブロックチェーン技術とは、社会に何をもたらすものであろうか。また、この技術をビジネスに活用するにはどのような可能性と課題があるのだろうか。本講演では、ブロックチェーン技術の基本的な仕組み、また様々な分野における応用事例を概観した後、ビジネスに活用する際の可能性と課題を検討する。
A-5 16:20~17:00
ストレージからみるHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の最新動向
a_5fukuzumi.jpg
株式会社ネットワールド
ストラテジック・プロダクツ営業部
係長
福住 遊 氏

 専用ストレージはこのままHCIに駆逐されてしまうのか?

 仮想化基盤を一変させる勢いのHCI(ハイパーコンバージドインフラ)。 簡単に導入でき、スケーラビリティに優れたHCI製品は急速に普及が進んでいます。サーバーベンダー各社の参入もつづいています。HCIが盛り上がる一方、その煽りを最も受けているのが旧来型のストレージ専業ベンダーです。専用ストレージベンダーはHCIの興盛にどのように対抗しようとしているのか。さらにはAll Flash/SDSといった新技術が勃興する中でどう生き残ろうとしているのか。

 ストレージ業界のNo.1ディストリビューター(自称)であるネットワールドがNetApp/EMCと言った老舗ストレージベンダー、そして新興ストレージベンダーの最新動向を独自の視点からお伝えします。
B-5 16:30~17:10
タブレットが開く新しいITビジネス
b_5fukukawa.jpg
株式会社MetaMoJi
代表取締役
浮川 和宣 氏

 MetaMoJiでは、2009年の創業以来、iPad 、Surface等のタブレット端末上のプロダクティビティのアプリを提供し、従来のキーボードとマウスのPCではなかなかシステム化出来なかった新規アプリケーションの市場開発を行ってきています。

 企業向けの最初の製品は2011年に販売を開始した日本語手書き変換「mazec」。漢字かな交ぜ書き文章を正しく入力するアプリケーションで多くのWeb アプリケーションとの組み合わせでご利用頂き、今では2000社を超える企業様でお使い頂いています。 2013年には、会議支援ソリューション「Share」、2015年には、当時3500台のiPadを運用する大林組との共同開発で生まれたデジタル野帳「eYACHO」とそれを建築業務以外に応用させた「GEMBA Note」の提供を開始しました。大林組では現場での資料作成や報告業務で利用され、残業時間の短縮に貢献し、今では6000台のiPadを運用する際のキラーアプリケーションとしてワークスタイル変革に貢献しています。

 本講演では、先進ユーザー事例を使いながらMetaMoJi のアプリケーションの紹介、タブレット端末によって拡がるビジネスの可能性について弊社代表の浮川が解説します。
C-5 16:40~17:20
OEMワークフローで開発コストを大幅削減! 「ATLED Work Platform」
atled.jpg
株式会社エイトレッド
経営戦略室
室長
平田 圭 氏

 ソフトウェアベンダーや自社サービスをお持ちのSI企業にとって、ワークフロー機能の開発は年々複雑さを増しており、顧客から要求される汎用的なフロー制御を開発・実現するには膨大なコストがかかります。
競争も激化する中、貴重な自社の開発リソースをコアサービスへ集中させるためにも、複雑なワークフロー機能は自社で開発すべきではありません。

 OEMワークフローである「ATLED Work Platform」をご利用頂く事で、ワークフローの開発コストを大幅に削減し、自社サービスに強力なワークフローを搭載することができます。 2000社を超える導入実績のあるX-point、AgileWorksにて培ったワークフローノウハウと最新の技術が詰め込まれた「ATLED Work Platform」を貴社サービスの一部としてぜひご活用ください。

 また、自社サービスをお持ちでない方もSIや受託開発のノウハウ・実績を元に、「ATLED Work Platform」を利用した新規サービスの立ち上げも可能ですので新規事業企画部門の方もぜひご参加ください。
17:30~18:00 クロージング基調講演
“モノ言うIT業界著名人”がSIビジネスを切る!
ところで、デジタルトランスフォーメーションってなに?
~SI業界は、どうマインドチェンジすればいいの?~
close.jpg
<モデレータ―>
株式会社BCN
週刊BCN編集委員
谷畑 良胤

 いま、IT業界では、デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれています。
ところで、そもそもDXとはなんのことか知っていますか?
 ITを駆使して企業活動などを変える最新のデジタルテクノロジーとして捉えられているDX。SI業界人としては、これに対してどうマインドチェンジし、どのような情報システムを提供するようにすればいいのでしょうか。
 週刊BCN編集委員の谷畑良胤と仲の良い“モノ言う業界著名人”を集め、懇親会前のひと時を利用し、SIビジネスのこれからを議論してみたいと思います。 


<パネリスト>
株式会社NTTデータイントラマート
セールス&マーケティング本部 副本部長
兼 イノベーション推進担当
内田 直知 氏

株式会社日立ソリューションズ
社会イノベーションシステム事業部
副事業部長
兼 Lumada企画推進室 副室長
髙橋 明男 氏

一般社団法人クラウド利用促進機構
総合アドバイザー テクノロジー・リサーチャー
森 洋一 氏

お申し込みはこちら▶▶▶

お問い合わせ先
BCN イベント事務局
E-mail:bcn_event@seminar-reg.jp
TEL :03-5510-4168
受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

bcn_logo1b.jpg bcn_logo2.jpg