セミナー・イベント情報

eスポーツ世界ビッグプレイヤーの戦略と日本企業の事業機会・リスク

テーマ IoT
日付 2019年04月16日
時間 13:00~16:00
場所 AP新橋虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
概要 (株)メディアクリエイト 国際部 主席アナリスト
佐藤 翔(さとう しょう) 氏

(株)メディアクリエイト 総研アナリスト eスポーツコンサルタント
青山 啓(あおやま けい) 氏
【13:00~16:00】

ゲームパブリッシャー、選手、チーム、メディア、スポンサー・・・。eスポーツには様々なプレイヤーが関与しており、国や立場によって大きく見方が異なるテーマです。各国政府やビッグプレイヤーの意図や戦略の理解なしには世界におけるeスポーツで今後何が起こり得るのかを見通すことはできません。
本講演では、世界のeスポーツの現況についてアジア・欧米に分けて解説をした上で、国際団体、ゲーム企業からチーム、選手に至るまでeスポーツに関わる各利害関係者の戦略について解き明かし、eスポーツシーンが日本企業にとってどのようなビジネス機会とリスクをもたらすのかを説明します。

1.アジア編:世界eスポーツの命運を握る中国
 ・中国のeスポーツ、巨大さと歪さ
 ・「eスポーツ宗主国」韓国の光と影
 ・中国企業の進出で急速に発展、東南アジアのモバイルeスポーツ
 ・その他地域の動向(台湾など中華圏・南アジア・中東・中央アジア)

2.ヨーロッパ・アメリカ編:
一国主義のアメリカ、混沌の欧州
 ・世界をリードする欧米ゲーム会社の動向
 ・アメリカeスポーツシーンの先進事例 ~今話題の『フォートナイト』の関係性につ  いても探る
 ・ドイツ、イギリス、フランス、北欧、それぞれのeスポーツシーン
 ・その他地域の動向(東ヨーロッパ・CIS圏・中南米)

3.総論:目が離せない、世界のeスポーツ主導権争いとチャンス・リスク
 ・ジャンルごとのeスポーツの動向
 ・国や立場によってまるで異なるeスポーツへの見方
 ・「オリンピック正式種目化」を必要とする人々
 ・国際団体の動向から見える中国・韓国のイニシアチブ争い
 ・eスポーツにおける主導権争い ~eスポーツ選手と業界団体・政府機関の対立例
 ・ライセンス・キャラクタービジネスとしてのeスポーツ
 ・今後予想される動きと日本企業にとってのチャンス・リスク

4.質疑応答/名刺交換

[メディアクリエイト社]
(株)メディアクリエイトは1994年の設立以来、テレビゲームを中心とするデジタルエンタテインメント産業にフォーカスしたシンクタンクとして、価値ある情報提供を使命としてきました。出版、市場データサービス、リサーチ、コンサルティング等、メディアクリエイトのコア・コンピタンスは、確かな情報力、情報を伝える力であり、これまでに多くの企業様から評価をいただいております。

講師プロフィール

佐藤 翔(さとう しょう) 氏
2012年にサンダーバード国際経営大学院を卒業。ヨルダン=ハシミテ王国のゲーム業界団体、Jordan Gaming Taskforceでヨルダンのゲーム産業の域外進出のための調査活動を実施したほか、マレーシアの政府系機関MDECの依頼で東南アジア全体のゲーム産業のエコシステムについて調査・提言を行った経歴を持つ。ゲーム産業専門のアクセラレーター、Game Foundersのメンターを務める。インドのIT・ゲーム業界団体であるNASSCOMが開催するゲーム開発者会議、NASSCOM GDCの国際アドバイザリーボード。2015年発行の「ゲームの今」にて「東南アジアのゲーム市場・産業」の章を執筆のほか、CEDEC、GMGDC(中国)、LEVEL UP KL(マレーシア)、Arab Net Riyadh(サウジアラビア)など、10カ国以上のゲーム業界カンファレンスで登壇。

青山 啓(あおやま けい) 氏
2017年 東京外国語大学国際社会学部卒業。同年、(株)メディアクリエイト入社。家庭用ビデオゲームの市場調査に従事。2018年より同社eスポーツコンサルタントに就任。海外のeスポーツシーンを中心に取材、『2019 eスポーツ五大陸白書』の編集と一部執筆を手がける。
主催者 新社会システム総合研究所
受講料 有料
詳細・お申し込み http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19143.html
icon-pagetop.png
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら