セミナー・イベント情報

IoT・ビッグデータの時代におけるBIの課題、市場トレンドと、今後求められるBIについて

テーマ BI・DWH
日付 2019年06月12日
時間 14:30~17:00
場所 株式会社インターネットイニシアティブ本社 13階セミナールーム(2階IIJ受付にお立ち寄りください)
概要 ■セルフサービスBIの課題

「セルフサービスBI」がBIの最新トレンドを表す象徴的なキーワードとして使われ始めたのは、もうそれほど最近のことではなくなりました。

セルフサービスBIを標榜する製品の多くは、その名の通りエンドユーザ部門自身が情報システム部門に頼ることなく導入を行うことができる簡便さに加えて優れたユーザインタフェースをも備えており、今までBI導入に二の足を踏んでいた多くの企業の、特にユーザ部門主導での導入が相次いだことで一種の流行りとなりました。

しかし一方、導入後の満足度は必ずしも高いとは言えず、多くの企業が思ったような効果を出せず悩んでいるのも現実のようです。

■IoT・ビッグデータ時代の課題
この問題は、ユーザの扱うデータが大きくなればなるほど、またユーザ数が増えれば増えるほど顕著になる傾向があると言われています。

こうした中、彗星の様に現れたのがSISENSEでした。

■なぜ、世界の企業はあのセルフサービスBIを捨ててSISENSEを選ぶのか

ワールドワイドではすでに4000社を超える実績を持つこの製品は、特にセルフサービスBIの導入後に期待した効果が出せずにいた企業での導入が相次いでいます。

本セミナーでは、SISENSEが何故これほどの支持を集めているのかについて、事例や実機によるデモを交えてお伝えいたします。


■プログラム

・14:00-14:30 受付

・14:30-14:35(5分):オープニングセッション ~ご挨拶とセミナー全体のご説明~
株式会社インターネットイニシアティブ サービスプロダクト事業部
  シニアプロダクトマネージャー 向平 友治

・14:35-15:15(40分):昨今のBI市場における市場動向と製品トレンドのご紹介
株式会社ジール ビジネスディベロップメント部 部長 菅田 信正

約25年にわたるビジネスインテリジェンスへの取り組みと、900社を超えるBI/DWHシステム構築の実績から得られた知見をもとに、昨今のBI市場の変遷と今求められているニーズ、トレンドをご紹介いたします。

・15:15-15:55(40分):次世代BIソリューション Sisenseのご紹介
Sisense Japan株式会社 社長 武田 寛

インメモリー技術を使用したBI製品が、多くのユーザーに利用されています。ところが、大手ユーザーや大規模環境で使用しているユーザーの中で、パフォーマンス不良やサマリーデータの作成の煩雑さに苦労しているケースが、多々見られます。Sisenseはこれまでこれらのユーザーの多くから、絶大な支持を得てまいりました。このセッションでは、次世代BIとは何か、どんなメリットがあるか等をデモを交えてご紹介致します。

・15:55-16:10(15分)休憩

・16:10-16:50(40分):次世代BIに最適なクラウド基盤をご紹介
株式会社インターネットイニシアティブ システムクラウド本部
 プログラムマネジャー 南雲 建三

AI・IoTを活用したデータ収集と活用が加速し、データ量の急激な増加と共にクラウドのトラフィック量は年率30%以上で推移しています。本セッションでは大容量データ処理に強みを持つSisense製品のIn-Chipエンジンを最大限活用するために、IIJ GIOで検証した結果に基づき、クラウドでのベストプラクティスをご紹介いたします。

・16:50-17:00(10分):質疑
主催者 株式会社インターネットイニシアティブ / 共催:Sisense Japan株式会社 、株式会社ジール
受講料 無料
詳細・お申し込み http://osslabo.doorkeeper.jp/events/92211
icon-pagetop.png
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら