セミナー・イベント情報

世界の新モビリティ・MaaS最前線~ビジネス化・マネタイズのポイントと日本導入への突破口~

テーマ IoT
日付 2019年10月11日
時間 14:00~16:00
場所 SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
概要 ROOTS Mobility Japan 代表
安永 修章(やすなが のぶあき) 氏

現在世界ではライドシェアが急速に広がり、新たな交通手段、インフラとして発展を続けている。また、ライドシェアに留まらずMaaSの要として期待されるオンデマンド型乗り合い交通サービスや、ラストワンマイルをつなぐ自転車シェア、電動キックボードなどのマイクロモビリティ、そして「空飛ぶクルマ」まで「100年に一度の大変革」が世界各地で起こっている。
世界でビジネス化、および検討が進むこれら新モビリティは、社会や生活者にどのような価値を生み出しているのか。また、マネタイズのポイントはどこにあるのか。日本に導入するに当たっての課題と、その突破口はどこにあるのか。
今回、このような多様な進化、展開を見せている、最新の、そしてこれからの世界・日本のモビリティのトレンド・課題についてお話させていただきます。

1.自己紹介
2.新たなモビリティの登場
  (マイクロモビリティ、自動運転、空飛ぶクルマ)とライドシェアの関係
3.ライドシェア1.0から2.0へ
4.日本のモビリティを取り巻く課題
5.質疑応答/名刺交換


講師プロフィール

安永 修章(やすなが のぶあき) 氏
早稲田大学大学院修士課程修了。米国のシンクタンク、日米研究インスティテュートにて2009年からマネージャー兼リサーチャーとして勤務。帰国後、米国NPOの米日カウンシルの渉外担当ディレクター。2017年よりウーバー・ジャパン政府渉外・公共政策部長・事業戦略部長として事業戦略策定に携わる。2019年2月に退職、現在はROOTS Mobility Japanの代表として、モビリティ関連ITベンチャー企業の事業戦略、ロビイング活動やMaaSに関するアドバイスを行う。
主催者 株式会社新社会システム総合研究所
受講料 有料
詳細・お申し込み http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19334.html

<読者アンケート実施中>

AMD製サーバーに
関するアンケート

アンケートにお答えいただいた方の中から
抽選で30名様にギフト券をプレゼント!

× 回答はこちらから
icon-pagetop.png
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら