セミナー・イベント情報

【ライブ・フロム・シリコンバレー】米国の新型コロナ出口戦略-ウィズコロナ社会で生き残るヒント、先進事例

テーマ AI
日付 2020年07月02日
時間 09:30~12:30
場所 SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
概要 ◇本セミナーは、シリコンバレーからのライブセミナーです◇
■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSをお送りしますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。
■アーカイブ配信
<1>開催日より2日以降に配信します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送りします。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
■DVD受講
<1>お申込時にご登録いただいたご住所にご用意ができ次第(開催日より14日前後を想定)、収録動画のDVDをお送りします。

米国 VentureClef社 代表/アナリスト
宮本 和明(みやもと かずあき) 氏

米国の新型コロナウイルス感染者数は160万人を超え、世界で最も深刻な状態にある。それでも、米国は都市閉鎖を解除し、街に人が戻り経済が動き始めた。市民の安全を確保しながら経済の再興を探るという難しいかじ取りを迫られる。このためには、経済活動の再始動とウイルス感染対策の二つの車輪をバランスよく回す必要がある。Living with Corona:コロナ社会をどう生き抜くのか、米国企業はその解をハイテクに求め、新しいワークスタイルやライフスタイルを試みている。このセミナーではコロナと共棲を始めた米国の最新動向をレポートする。

<1>新型コロナウイルス検知技術
 1.Apple/Googleの感染者追跡技術
 2.Facebookが進めるPCR検査と抗体検査
 3.偽情報パンデミックの実態と検知技術
<2>治療薬開発を支える情報技術
 4.AIでウイルスの3D形状を生成
 5.スパコンでウイルス感染のメカニズムを解明
<3>新型コロナと共棲する先進事例
 6.働き方:社員の半数が遠隔勤務
 7.小売店舗:Eコマースで生き延びる
 8.配送:ロボット宅配が始まる
 9.教育:遠隔教育は解にならない
 10.スポーツ:Eスポーツがリアルより面白い
 11.ヘルスケア:AIによる自動化が進む
 12.娯楽:ストリーミングサービスが急騰
 13.製造:中国から自国への回帰
<4>まとめ
 14.デジタルトランスフォーメーションとヒューマンエレメント
<5>質疑応答

講師プロフィール

宮本 和明(みやもと かずあき) 氏
広島県出身。大阪大学基礎工学部卒業。1980年 富士通に入社。1985年 富士通関連会社Amdahl Corp.(カリフォルニア州サニーベール)に出向し、アメリカでスーパーコンピュータ事業の立ち上げに従事。
2003年3月 富士通を退社し、リサーチ会社VentureClef (カリフォルニア州マウンテンビュー) を設立。アナリストとしてコンピュータ技術の最新動向を追う。シリコンバレーのベンチャー企業にフォーカスし、時代を変える技術の発掘と解析を行う。25年に及ぶアメリカでのキャリアを背景に技術トレンドをレポート。
【著書等】『機械学習・人工知能 業務活用の手引き(共著)』(情報機構)2017。『人工知能アプリケーション総覧(共著)』(日経BP社)2015。最新技術をブログ「Emerging Technology Review」で発信。
日経新聞に寄稿「宮本和明のシリコンバレー最先端技術報告」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130326/466162/ 
日経新聞に寄稿「未来の技術の実験場-シリコンバレー最先端を追う」 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140603/561130/
主催者 株式会社新社会システム総合研究所
受講料 有料
詳細・お申し込み http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20252.html
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら