セミナー・イベント情報

◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇Beyond 5G(6G)の研究開発動向と方向性

テーマ 通信サービス
日付 2020年09月17日
時間 10:00~12:00
場所 SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
概要 ■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。


国立研究開発法人情報通信研究機構
ワイヤレスネットワーク総合研究センター長
寳迫 巌(ほうさこ いわお) 氏

2019年頃から第5世代移動体通信(5G)サービスが世界で始まり、日本では今年(2020年)から始まっています。5Gサービスの展開は始まったばかりですが、2018年末頃から世界各国の研究機関などにおける次世代移動体通信Beyond 5G (6G)の研究開発計画に関するホワイトペーパーや研究開発プロジェクトへの資金提供等のニュースがでてくるようになりました。
講演ではBeyond 5G (6G)の研究開発に関する国内外動向を述べ、その目指す方向性について明らかにします。

1.Beyond 5G(6G)とそのエマージング技術
2.サイバーフィジカルシステム(CPS:Cyber Physical System)
3.電波エミュレータ―
4.テラヘルツ波
5.100Gbit/s超級の超高速無線
6.質疑応答/名刺交換


講師プロフィール

寳迫 巌(ほうさこ いわお) 氏
1993年 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻博士課程修了、博士(理学)。同年 日本鋼管株式会社(現JFE)入社。超LSI開発に従事。1995年 郵政省通信総合研究所 (現NICT)COE特別研究員。1996年 郵政省通信総合研究所入所。以来、テラヘルツ帯半導体デバイス・各種応用システムの研究開発に従事。現在、情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター長((兼務)テラヘルツ研究センター長)。日本物理学会・応用物理学会・電子情報通信学会・日本赤外線学会・IEEE会員、2014年より2017年まで100Gps級無線の標準化を行うIEEE802.15.3d副議長。現在IEEE802.15TAG-THz副議長。第10回産学官連携功労者表彰 総務大臣賞(2011)。
主催者 公益財団法人原総合知的通信システム基金
受講料 有料
詳細・お申し込み http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20338.html
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら