セミナー・イベント情報

加速する「GIGAスクール構想」の推進と 令和3年度の重点施策

テーマ IoT
日付 2021年04月09日
時間 15:00~17:00
場所 SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
概要 ■ライブ配信について
<1>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致します。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。


文部科学省 初等中等教育局 初等中等教育企画課
(併)学びの先端技術活用推進室 専門官
佐藤 有正(さとう ありまさ) 氏

これからの時代に生きる子供たちにとって、ICTは「マストアイテム」ですが、我が国の学校ICT環境は脆弱であり、危機的な状況でした。
文部科学省では、令和元年12月、子供たち「1人1台端末」と通信ネットワークを一体的に整備する「GIGAスクール構想」を打ち出し、現在、感染症対策と子供たちの健やかな学びの保障の両立を図る観点から、ハード・ソフト・人材を一体とした取組を加速しています。
今回は、GIGAスクール構想の推進による学びの充実に向けた文部科学省の取組について、御紹介します。

1.急激に変化する時代の中で育むべき資質・能力
2.「令和の日本型学校教育」で目指す学びの姿
3.「GIGAスクール構想」の背景・全体像
4.「1人1台端末」がもたらす学び
5.デジタル教科書の普及促進
6.教育データの利活用
7.質疑応答


佐藤 有正(さとう ありまさ) 氏
平成17年4月、文部科学省入省。高校教育改革、キャリア教育、職業教育、全国学力・学習状況調査などを担当。
平成27年7月、秋田県教育委員会へ出向。義務教育課長、高校教育課長などとして勤務。
平成30年4月、文部科学省情報教育課。学校のICT化などを担当。
平成31年7月より現職。GIGAスクール構想、先端技術・教育データ利活用などを担当。
主催者 公益財団法人原総合知的通信システム基金
受講料 有料
詳細・お申し込み https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21149

週刊BCN+ 読者アンケート

あなたのイメージは?AMD CPU搭載サーバーに関する利用実態調査
~Amazonギフト券当たります~

× 回答はこちらから
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら