セミナー・イベント情報

2021年度、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択 ~操作性、コスト、取引先との共有、Teams連携~

テーマ 情報共有ツール・グループウェア
日付 2021年04月14日
時間 13:00~14:00
場所 オンライン(MicrosoftTeamsを利用します。URLは開始直前にメールでお知らせします)
概要 ■本セミナーはWebセミナーです。
ツールはMicrosoft Teamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。


■2021年度も、テレワークは必須
新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れているようです。
企業は2021年度、企業は引き続きテレワークを継続する必要があります。
また、生産性向上や働き方改革推進のため、コロナ後もテレワークの継続を予定している企業も増えています。

■全員テレワーク時代にオンラインストレージはどう選択すればよいのか?
ファイル共有はテレワークに必須の機能です。
これを実現するクラウドサービスである、オンラインストレージも既に市場に出ており、利用している企業もあると思います。

しかし、以下のような観点で考えた場合、企業はどのようにオンラインストレージを選択するべきでしょうか?

・ITリテラシーに依存しない操作性
全員テレワークを想定した場合、ITリテラシーが高い社員ばかりではありません。
全ての社員にとって、使いやすいユーザーインターフェイスが重要です。

・全員テレワークを想定したコスト
オンラインストレージは、一般的にユーザー数によって料金が決まります。
全員テレワークを考えた場合、全社員分のライセンスが必要です。
よって、コストについても十分注意する必要があります。

・社外のメンバーとのファイル共有とそのライセンス
テレワークにおいても、取引先など社外のメンバーとのファイル共有は必須です。
これがどのくらい簡単に行えるのか、また社外メンバーのアカウントのコストはどうなるのか、なども重要な要素です。

・ Teamsとの連携
Teamsを使っている企業は多いと思います。
従って、Teams連携しながらファイル共有ができる、といった点は重要になります。


■NTT東日本が提供する、全員テレワークに向けた新たなオンラインストレージ
本セミナーでは、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択について、そのポイントを解説すると共に、NTT東日本が提供する全員テレワークに向けた新たなオンラインストレージ「コワークストレージ」についてご紹介します。


■プログラム
・12:45~13:00 受付
・13:00~13:05 オープニング(マジセミ)
・13:05~13:45 2021年度、全員テレワーク時代のオンラインストレージの選択
・13:45~14:00 質疑応答
主催者 東日本電信電話株式会社
受講料 無料
詳細・お申し込み http://majisemi-business.doorkeeper.jp/events/119469

週刊BCN+ 読者アンケート

あなたのイメージは?AMD CPU搭載サーバーに関する利用実態調査
~Amazonギフト券当たります~

× 回答はこちらから
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら