セミナー・イベント情報

【脱炭素・資源循環・SDGs達成に向け】NTTが目指すデータ流通プラットフォーム

テーマ IoT
日付 2022年07月13日
時間 10:00~12:00
場所 会場受講はございません
概要 事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますのでお申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※ライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。



NTTコミュニケーションズ株式会社 
イノベーションセンター
スマートファクトリー推進室/スマートシティ推進室
兼務
エバンジェリスト 担当部長
境野 哲(さかいの あきら) 氏

各企業にとって、グローバルバリューチェーン全体のCO2や廃棄物の排出量を集計して情報開示するライフサイクルアセスメントや、欧州の企業持続可能性報告指令(CSRD)に対応するESG情報開示が喫緊の課題となっています。
本セミナーでは、この分野で先行するドイツCatena-XやオランダSCSNなど欧州の企業間データ連携基盤と日本企業をつなぐプラットフォームの開発・提供に向けたNTTの取り組みと、それらデータ連携基盤を活用する際のセキュリティ上の留意点を紹介します。また、オープンイノベーション(相互接続トライアル)への参加企業を募ります。

1.企業間のデータ共有が必要となっている理由
2.グローバル企業間データ連携基盤の要件と課題
3.データ主権を守る欧州デジタル基盤Gaia-Xのコンセプト
4.ドイツ自動車産業のデータ連携基盤Catena-Xの概要
5.日欧のデータ連携基盤を相互接続する実証実験の取り組み
6.グローバル企業間データ連携基盤 接続トライアルの紹介
7.質疑応答


境野 哲(さかいの あきら) 氏
1990年 日本電信電話株式会社に入社。社内基幹業務システムの開発を担当(情報システム本部)
1995年~ 官公庁向けコンサルティング、公共施設建設プロジェクトを担当(埼玉法人営業部)
1998年~ NTT再編成プロジェクト(基幹業務システム更改)を担当(顧客管理システム ACCEL担当)
2000年~ 異業種協業による新規ビジネスインキュベーションに従事(.comビジネスインキュベーションTF)
2004年~ ネットビジネスのパートナー営業/協業アライアンス等を担当(ネットビジネス事業本部)
2011年~ エネルギーマネジメント、M2M/IoTソリューションの開発を担当(技術開発部)
2015年~ IoT・エバンジェリスト
2020年~ 現職
主催者 株式会社新社会システム総合研究所
受講料 有料
詳細・お申し込み https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=22341
会員特典
自社主催のセミナーをPRできる!
ITビジネス関連のセミナー・イベントを無料で告知!システムインテグレーター(SIer)など、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が、集客をサポートします。
新規会員登録はこちら