【30分でわかる】ALSOKが考える未来の警備と企業のデータを守る最適な環境とは ~今求められる事業継続とデータ保全のインフラを考える~

テーマ

情報セキュリティ

日付

2022年11月25日

時間

14:00~14:30

場所

オンライン

概要

いざという時に会社と大切なデータを守り事業を継続していくことができるのか。現実の世界ではオフィスへの不審者侵入による物理的な盗難から、昨今取りざたされているサイバー攻撃による情報漏洩や脅迫など、企業がとるべきセキュリティ対策は多岐にわたります。

また、万が一の災害やパンデミックなどによる、大切なITシステムやデータの保全・運用など、事業を継続していくことができるかを事前に検討し、発生しうるリスクに備えておくことも重要です。

本ウェビナーは、企業を守るセキュリティを中心にしたソリューションと、ITシステムと大切なデータを守る安全・安心のインフラ環境をご紹介し、企業を取り巻くさまざまなリスクに備える、防犯とセキュリティ対策のプロフェッショナルであるALSOKとIDCフロンティア共同企画によるオンラインセミナーです。

■ウェビナー名
【30分でわかる】ALSOKが考える未来の警備と企業のデータを守る最適な環境とは
~今求められる事業継続とデータ保全のインフラを考える~

■プログラム
◇全方位で安全安心な情報セキュリティを目指す(15分)
情報を守ろうと考えたとき、ウィルス対策ソフトやUTMサービス、すなわちサイバーセキュリティを想像しますが、実際には入室制限など、フィジカルセキュリティも非常に重要となります。今回はALSOKならではのフィジカルセキュリティを中心にサービス内容とその効果をご紹介します。

ALSOK(綜合警備保障株式会社)
営業総括部 ブロードマーケット営業室 課長代理 柳原 秀昭

◇事業継続に必要なデータの保全とは、ITインフラを専門事業者に任せる選択肢(10分)
いざという時でもビジネスを続けられるか、企業のデータは守ることができるのか。災害やパンデミックなど事業継続の観点から、ITシステムのオフィス運用をクラウドやデータセンターなど国内で安心・安全に保管・運用する選択肢をご紹介します。

株式会社IDCフロンティア
事業推進本部 事業推進部 藤城 拓哉

◇ラップアップと質疑応答(5分)
ALSOK / 株式会社IDCフロンティア

■日時
2022年11月25日(金)14:00~14:30
※開催5分前からログインいただけます

■参加費
無料(事前登録制)

■対象
・企業の経営者、マネージャー、経営企画部門のご担当者
・情報システムや企業Webサイトのご担当者

■主催
株式会社IDCフロンティア / ALSOK(綜合警備保障株式会社)

■スピーカー
ALSOK 営業総括部 ブロードマーケット営業室 課長代理 柳原 秀昭
株式会社IDCフロンティア 事業推進本部 事業推進部 藤城 拓哉


■形式
オンライン開催
※下記お申し込み完了後、Zoomウェビナーにご登録いただくと視聴用のURLがメールで届きます。

主催者

株式会社IDCフロンティア / ALSOK(綜合警備保障株式会社)

受講料

無料

詳細・
お申し込み

https://www.idcf.jp/topics/20221101001.html?bid=event_bcn