SI事業などを主力とするエレクス(鈴木良雄代表取締役)は、昨年9月にクラウド型チャットサポート「きいてみる」の提供を開始、成果を上げている。その推進力となっているのが、空色(中嶋洋巳代表取締役)のチャットボットサービス「OK SKY」を基盤にしていることだ。エレクスの日下部厚樹・ITS事業部シニアマネージャーは「工数削減だけでなくセールス面でもサポートできるのが魅力」と説明する。

空色の高宮知弘氏(右)、エレクスの日下部厚樹氏

 現在、空色はOK SKYのライセンスサービス「OK SKY Software License」を提供している。OK SKYのソースコードやエンジンなどを提供するもので、ライセンスを取得した企業は自社ブランドとしてサービスを提供でき、価格も自由に設定できる。

 エレクスはこのライセンスサービスの第1号ユーザーで、同社の日下部シニアマネージャーは「チャットサービス市場への参入を検討していたものの、自社開発は難しいと感じていた。開発コストをかけず短期間でサービスインできるのは理想的だった」と導入当時を振り返る。また、「OK SKYは数多くのチャットボットサービスの中でもAIと有人を組み合わせたハイブリット型で、ユーザーの業務効率化だけでなく、売り上げの拡大にまで貢献することができると評価する。

 一方、空色の高宮知弘・カスタマーサクセス部部長兼OK SKY開発部カスタマービジネス チームリーダーは「今回のライセンスサービスで競合を増やすことになるかもしれないが、当社はOEMパートナーを通じて多くのナレッジを蓄積できるようになる。長い目で見ると、当社もパートナーも互いにメリットがある」と強調。今後については「ユーザーの全ての要件に空色だけでは応えられない。OK SKYをベースにしたソリューションを増やし、OEMパートナーで連携して数多くのお客様のサポートをしていきたい」と意気込みを語った。

 エレクスの調査によると、米国や中国では約8割の企業が自社サイトにチャットボット機能を実装している一方で、国内では1%にも満たないという。今回の取り組みがチャットボットの普及率を底上げするきっかけになる可能性がある。(銭 君毅)