STOCK MARKET

IT関連企業330社の時価総額ランキング
IT関連企業時価総額ランキング

330社時価総額合計 119兆9186億円

(2017/04/10時点)
時価総額とは
発行済み株数×株価で得られる数値。上場株式をある時点の株式で評価した場合、どのくらいの金額になっているかを表したもの。時価総額が大きいほど株式市場で高い評価を受けた会社(強い会社)とみなすことができる。
※IT関連企業、上位330社を時価総額順に掲載。掲載株価は毎週月曜日の株式市場の終値。時価総額は直近の月曜日の終値を乗じて算出。
時価総額の合計額は月曜日に売買があった株式銘柄で集計。初年来最高値は株式分割実施後の株価。
順位 コード 市場 銘  柄 時価総額 (億円) 3月27日 3月21日 昨年来最高
1 9437 東1 NTTドコモ 106,485 2,675.50 2,700.50 2,946
2 9432 東1 NTT(日本電信電話) 104,652 4,930 4,946 5,419
3 9984 東1 ソフトバンクグループ 88,174 7,862 8,274 9,066
4 9433 東1 KDDI 78,667 2,972 3,040 3,446
5 6861 東1 キーエンス 54,089 43,950 45,190 45,650
6 6954 東1 ファナック 47,069 22,740 23,005 23,370
7 7751 東1 キヤノン 46,615 3,461 3,535 3,656
8 6758 東1 ソニー 45,527 3,577 3,627 3,665
9 7974 東1 任天堂 38,052 26,885 26,265 32,700
10 6503 東1 三菱電機 34,828 1,613 1,688.50 1,802

SCOPE(注目の上場企業)

テクノスジャパン

東証1部(3666) 本年始値 1311円 年初来高値 1398円(Array)
ERPが主力、第2の柱としてビッグデータ事業を加速
 ERP(経営統合管理システム)パッケージ・基幹システム導入が主力だが、第2の柱としてビッグデータ解析事業を育てる。子会社のテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)は、AI(人工知能)製品を相次ぎ投入している。マーケティング分野におけるデジタルデータ解析のほか、ディープラーニング(深層学習)技術を活用して社会インフラの故障予知を行っている。例えば、風力発電の故障予知に加え、送電線の故障を検知・予兆する仕組みを検証中。さらに、株価予想AI構築など、FinTech分野にも力を入れる。TDSEは独立色を強め、株式上場を目指している。グループとしては、スマートファクトリービジネスを推進する。20年余にわたるERP導入で製造業に強みをもち、TDSEはスマートファクトリーを可能にするAIエンジンの開発を進める。工場のIoTをグループ企業が連携して進めていく。 (有賀勝久)

BCN STOCK CHART

東証1部
icon-pagetop.png