「逆張り」の戦い方

 起業した当初、クラウド会計ソフトが今後の主流になるとにらんでいた。必ず成長する事業になると思ったが、多額の資金や大きな戦略が求められる点で「自分の経営スタイルに向いていない」気がした。メガプレーヤーの出現により激変する市場において、あえてニッチな部分に目を向け、そこでナンバーワンになる。それが自分らしい戦い方だと感じた。

 クラウド会計が普及しても、それを使いこなせず、紙に頼らざるを得ない現場が多数を占めるのではないか。時代の趨勢から見れば「逆張り」の予想でもある。「逆張りはすごい怖い。大外れになることもあるから」。けれど、踏み出した道に間違いはなかった。