マイクロソフト(MS)とアップルが8月6日に発表した提携は、パソコン業界だけでなく、全世界の産業界に衝撃を与えた。米国の論評ではこの両社の提携劇を、マイクロソフトによるアップルの救援と見る向きが多い。  しかし、見方を変えれば、アップルが苦境に立たされている現時点が、マイクロソフトとアップルが手を握り、「パソコンの真のグローバルスタンダード」を確立する絶好のチャンスだと、マイクロソフトビルのゲイツ会長は判断したとも考えられる。