無線LANのセキュリティ性を疑問視する声が強まっている。無線LANは、これまで家庭内での利用が中心だったが、ここにきてファストフード店や商店街など、無線LANの用途エリアが急速に拡大。設定の異なる不特定多数のアクセスポイントに無線で接続する必要が出てきたことから、「互換性や個人情報の漏洩、パソコンの乗っ取りなどの問題が噴出するのではないか」との声が高まっている。無線LAN機器ベンダーは、「無線LANは、接続する自由度を高めれば高めるほどセキュリティが弱くなる」と打ち明ける。