ICカードの実証実験が全国の自治体で行われている。独自開発で知られる神奈川県大和市と並んで、ICカード先進地域にあげられるのが、北海道札幌市だ。政府が推進するe!プロジェクトのICカード事業で、札幌市は総務省、経済産業省、国土交通省の3省のICカード実証実験を同時に推進している。現段階では市内を走る地下鉄への非接触型プリペイドカード利用が主だが、住基ネットカードサービスが開始される2003年には、認証系と決済系に分けたICカードサービスを開始したい考えだ。(谷古宇浩司)