経済産業省が今年度末を目標に策定する「組込みソフトウェアスキル標準(組込みスキル標準)」を、グローバルスタンダードに引き上げようとする動きが活発化している。デジタル家電や車載情報機器などに組込まれるソフトウェア分野は、「日本のIT産業にとって、国際的な優位性を保てる唯一残された領域」(経済産業省の組込みソフトウェア開発力強化推進委員会関係者)であるからだ。グローバルスタンダード化で何度も欧米の後塵を拝してきた日本のIT産業にとって、組込みスキル標準に馳せる思いは熱い。(安藤章司●取材/文)