「屋外メディア」として徐々に普及し始めたデジタルサイネージ。その関連ビジネスが盛り上がる可能性が出てきた。普及・促進の任意団体「デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)」が普及に不可欠な技術・指標のガイドライン作りに着手。コンテンツを映し出すディスプレイメーカーは低価格の普及商品を投入するなど、ベンダーも本腰を入れてアプローチし始めた。