衛生材料メーカーの白十字(天田忠正社長)は、オンデマンド型ERP(統合基幹業務システム)サービス「FineCrew(ファインクルー)NX」を採用した。導入時のソフトウェアライセンス費用が不要で、月額定額で使える。SIerの日本オフィス・システム(NOS、尾嵩会長)が開発した。従来のERPパッケージソフトは、初期導入のライセンス費用が高いことと、バージョンアップに伴うメーカーサポート期間の終了による更新費用がかかることが課題になっていた。FineCrew NXはこうした課題を解決するサービス型のモデルとして白十字から高く評価された。(安藤章司●取材/文)