オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、トップメーカーとして君臨する基幹系業務ソフトウェアの市場に加え、制度改正などにより発生する、既存の業務システムではカバーしきれない業務を支援するためのクラウドサービスを提供し、新たな事業の柱を打ち立てようとしている。従来の基幹業務ソフトがカバーしてきた範囲の業務効率化だけでなく、その周辺、極端にいえば企業全体の生産性向上を支援するための製品・サービス群を揃え、巨大な潜在市場を新たに開拓しようとしているのだ。こうした姿勢は、主力である業務ソフト「奉行シリーズ」の進化にも反映させている。時に「イノベーションの停滞」を指摘する声が業界内からも聞かれる業務ソフト市場において、メーカーはビジネスのかたちをどう変革していくべきなのか。OBCの取り組みは、その一つのモデルを示そうとしている。(本多和幸)