freee(佐々木大輔代表取締役)は、会計事務所のパートナープログラムを刷新し、法人向けビジネスの成長に注力する姿勢を一層鮮明にしている。個人事業主とは違い、小規模・零細企業は、会計事務所(税理士)経由で業務ソフトを導入するケースが圧倒的に多く、スモールビジネス向けの業務ソフトメーカーにとっては、拡販に有効に作用する会計事務所のパートナー網をいかに構築するかが共通の課題になっている。クラウド業務ソフト市場の開拓者であるfreeeは、会計事務所とのパートナーシップ構築においても、新しい価値の訴求でパラダイムシフトを実現していくのか──。(本多和幸)