ブロックチェーン推進協会(BCCC、平野洋一郎理事長、インフォテリア社長)は8月17日、ブロックチェーンの普及促進と市場の立ち上げを担うエンジニアやビジネスパーソンを養成すべく、ブロックチェーン大学校を開校した。「インターネット以来の技術革新」ともいわれるブロックチェーンだが、正真正銘の黎明期にあることから、体系的な情報収集や教育の機会はほとんど存在しなかった。そのため、まだまだ技術者も少なく、当然ながらブロックチェーンを活用した新しいビジネスを企画できる人材も著しく不足している。ブロックチェーン専門企業が中心となって立ち上げた業界団体であるBCCCは今年6月末、この状況を打破すべく、国内初の試みとして体系的なブロックチェーン教育の場を設ける方針を打ち出していた。果たして、ブロックチェーンビジネスの市場創出をどの程度後押しすることになるか――。(本多和幸)