テラスカイのグループ会社で、SAPのビジネスアプリケーションのクラウド移行などを手掛けるBeeXが、新たなビジネスを本格化させる。SIのノウハウを生かしたクラウドマネージドサービスをプラットフォーム化し、チャネルパートナー経由で再販することで「スケールするストックビジネス」を目指そうと考えているのだ。SIerの新しい成長モデルになるか。(本多和幸)

マネージドサービスを
プラットフォーム化

 基幹系システムのモダナイズやクラウド移行の専業会社として2016年3月に発足したBeeXは、AWSをはじめとする大手クラウドサービスとSAP ERPの両方に精通した貴重な存在としてビジネスを拡大してきた。19年3月には親会社であるテラスカイのクラウド技術者が約40人同社に移籍するなど、直近2年間ほどで社員数は約5倍に増えた。
 
小崎史貴 マネージャー

 一方で、現在こそ需要が旺盛であるものの「SIビジネスの範疇だけでは安定した成長を継続できないという課題意識があった」と、同社ビジネス開発推進本部営業開発部の小崎史貴・ビジネスディベロップメントマネージャーは説明する。

 そこで同社がクラウドSIのノウハウを生かしたストックビジネスの確立を目指して昨年7月に立ち上げたのが「BeeXPlus」というクラウドマネージドサービスだ。クラウドのライセンス再販、導入や活用・展開支援、監視・運用といったサービスをワンストップで提供するもので、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの大手3サービスに対応している。小崎マネージャーは「マルチクラウド対応であることは一つの特徴だが、これだけでは普通のサービスとも言える。当社がBeeXPlusを通して確立しようとしているのは(パートナーエコシステムの力で成長していく)メーカー的な立ち位置のビジネスだ」と話す。今春から、このパートナーエコシステムの拡充と活性化に本格的に取り組む。