物流ソリューションを提供するGROUNDは8月2日、AIを活用して物流施設の統合管理・最適化するパッケージシステム「GWES」を発売した。同社はこれまで直販を行ってきたが、GWESの提供に伴いリセラー経由での販売を本格的に開始。最初のパートナーとして日本ユニシスと契約を結んだことも発表した。3年後の売上目標を20億円に設定し、引き続きパートナー開拓を進め拡販に注力していく。

 GWESは2020年9月に発売したAI物流ソフトウェア「DyAS」を機能拡充したパッケージシステム。ミドルウェアとなる共通データ基盤と「物流施設の可視化・分析」「業務自動化・リソース最適化」「物流施設内ハードウェア・ソフトウェアの統合管理」「物流施設内地図のデジタル化」の四つの役割に対して、七つのモジュールで構成する。

 例えば、物流施設の可視化・分析では、業務進捗管理モジュール「Progress Analyzer」、作業量分析モジュール「Workload Analyzer」、在庫分析モジュール「Inventory Analyzer」の三つが用意されており、物流施設内の効率化や生産性向上を図ることができるとしている。