その他

キヤノンシステムアンドサポート 中小企業向け運用支援を拡充 UTMとEDRで年内200社の獲得目指す

2021/09/02 16:00

週刊BCN 2021年09月06日vol.1889掲載

 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)は、中小企業のIT基盤を遠隔で運用支援するサービス「まかせてIT」シリーズの拡充に力を入れる。コンタクトセンターからパソコン操作の指導や、データのバックアップ、情報漏えい対策、統合脅威管理(UTM)アプライアンスの運用支援を提供。リモートワークが浸透していくなかで、「端末やデータ保護、情報セキュリティの運用管理が中小企業ユーザーの大きな負担となっており需要が見込める」(石井雄太・ITソリューション推進部部長)と見ている。
 
石井雄太 部長

 まかせてITは今年2月にスタートし、順次サービスメニューを拡充してきた。この8月には米フォーティネットのUTM「FortiGate」と韓国サブゲートの不正検知(EDR)「SubGate」を組み合わせたセキュリティ運用支援メニューを新たに追加している。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

キヤノンシステムアンドサポート=https://www.canon-sas.co.jp/

おすすめ記事