キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)は、中小企業のIT基盤を遠隔で運用支援するサービス「まかせてIT」シリーズの拡充に力を入れる。コンタクトセンターからパソコン操作の指導や、データのバックアップ、情報漏えい対策、統合脅威管理(UTM)アプライアンスの運用支援を提供。リモートワークが浸透していくなかで、「端末やデータ保護、情報セキュリティの運用管理が中小企業ユーザーの大きな負担となっており需要が見込める」(石井雄太・ITソリューション推進部部長)と見ている。
 
石井雄太 部長

 まかせてITは今年2月にスタートし、順次サービスメニューを拡充してきた。この8月には米フォーティネットのUTM「FortiGate」と韓国サブゲートの不正検知(EDR)「SubGate」を組み合わせたセキュリティ運用支援メニューを新たに追加している。