米サイバーリーズンの日本法人であるサイバーリーズン・ジャパンは、中堅企業向けにエンドポイントセキュリティソリューション「Cybereason Core Suite」を発売した。EDR(Endpoint Detection and Response)製品とMDR(Managed Detection and Response)サービスをパッケージ化し、同社が提供する既存製品と変わらない機能を低価格で提供するとしている。サプライチェーン攻撃の増加により、中堅企業のセキュリティ強化の流れが加速していることから、パートナー戦略の強化などを図り新規顧客獲得を目指す。メインターゲットは従業員数300~1000人の企業を想定している。
(岩田晃久)

 Cybereason Core SuiteはEDR製品「Cybereason EDR Core」とMDRサービス「Cybereason MDR Core」で構成する。同社の渡部洋史・執行役員副社長パートナー営業本部長は「大手企業が利用している『Cybereason EDR』と同じ機能を提供する」という。
 
渡部洋史 副社長

 低価格で高機能の製品を提供する理由については「サプライチェーン攻撃の増加により中堅企業にも大手企業と同じセキュリティレベルが求められるようになっている。だが、中堅企業が大手企業と同じセキュリティ環境を構築するには、コストが課題となるため、価格を抑えかつ導入しやすいパッケージ型が有効だと判断した」(渡部副社長)と説明する。なお、価格は個別見積もりとなるが「数百台規模で利用してもセキュリティ専任者一人分の人件費より安い価格」だとしている。


 また、「当社はエンタープライズの顧客が大半を占めており、市場の中で『サイバーリーズン=大手向け製品』というイメージが定着している。そのため、中堅企業向けの製品だということを明確に打ち出すことも重要だった」と渡部副社長は戦略を述べた。