インターネット電話サービスを手がける三通テレコムサービスのオフィス向けクラウドPBXサービス「クラコールPBX」の利用者数が、年率約10%の勢いで伸びている。クラコールPBXは初期費用なし、1ユーザーあたりの基本料金は月額980円(税別)で、6ユーザーからは基本料金が無料と割安な料金体系が支持された。通話料は使った分だけ支払う従量制。

 価格を抑える戦略について、庄逸杰・代表取締役は「ユーザー企業の規模を問わず誰でも簡単にクラウドPBXを導入できるようにするため」と、とりわけIT予算の限られる中小企業での利用のしやすさを重視する。また、コロナ禍のリモートワークを経験し、「場所の制限を受けないインターネット電話の技術を応用したサービスの認知度が高まったのも追い風になった」と、勝俣美咲・法人営業課課長は話す。
 
右から勝俣美咲課長、庄逸杰代表取締役、吉野盛雄氏