「世界標準の、品質のよい製品を日本でいかに成功させるか」が、今の仕事の魅力という。商品の良さを最大限に引き出すための、工夫を凝らしたマーケティング戦略を練るのが醍醐味だ。