何度も後悔した。住み込みの新聞配達をしながら、「やめとけばよかった」と思ったが、気がつけば前を向いていた。