事業が行き詰まり、半ば現実逃避するようにタリン大学に短期留学した28歳の夏。吉丸彰の人生観は完全に変質した。