ストレージ「統合化」の波が押し寄せている。サーバーの「統合化」「仮想化」が進むなか、ユーザー企業が次のステップとしてストレージ機器の最適化を改めて求めているからだ。さらに、「統合化」から「仮想化」といった流れにつながり、ITベンダーにとっては大きなビジネスチャンスとなる。ただ、一口に「統合化」といっても、ベンダーによって切り口はさまざまだ。そこで、メーカー、販売系SIer、ネットワーク系販社に分類し、各プレーヤーそれぞれの取り組みを検証する。