落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

Special Feature

大手ITメーカー/系列販社の「戦いと苦悩」

2010/07/15 21:33

週刊BCN 2010年07月12日vol.1341掲載

 富士通やNECなど大手ITメーカーが傘下の系列SIerの再編を急いでいる。クラウド普及に伴う「売り方」の変革、未開拓の中堅・中小企業(SMB)へのアプローチ見直し、海外展開の三つの課題を解決し、次世代の成長を確かにする「戦略改革」といえる。オフコン→オープン化→クラウド化と辿ってきたIT変遷のなかで、改革を進める各社。だが、直系・系列販社を含めたSIerの思惑が錯綜する状況で、再編に向けた難しい舵取りを強いられている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

関連記事

改革の時きたる! 販売系SIerが挑む事業再編

大手再編で地場ベンダーにチャンス到来

ネットワーク業界に激震! 再編で商流変革へ