エネルギー分野に熱い視線が注がれている。2016年4月に予定されている電力小売りの全面自由化をきっかけに、「向こう10年、20年のビジネスにつながる」と、規制緩和に詳しいSIer幹部は期待を高める。折しも今年は通信自由化30年の節目。通信と並んで重要な社会インフラである電力やガスの規制緩和は、これまで重電系など特定のITベンダーによる閉鎖的なビジネスだった領域が、自由化によってエネルギー業界と接点の少なかったSIerにも大きなビジネスチャンスをもたらす可能性があるのだ。(取材・文/安藤章司)