データ活用型の攻めのIT投資の代表格として注目を集めるデジタルマーケティング。昨年、グローバル大手ベンダーが相次いで国内に製品を投入し、市場はにわかに盛り上がりをみせている(『週刊BCN』2014年11月17日号で特集)。しかし現状では、売り手として積極的に活動しているのはマーケティングコンサルやクリエイティブ系の企業で、ITビジネスの中核を担ってきたSIerの存在感は薄いのが実情だ。SIerにとって、デジタルマーケティングは有望市場にはなり得るのか。「デジタルマーケティング特集第2弾」として、SIerにとってのビジネスチャンスを探る。(取材・文/本多和幸)