一時はコモディティ化したといわれたERP(基幹業務システム)だが、市場がにわかに活気づいている。SAPは、23年ぶりにERPパッケージを全面刷新し、インメモリ・データベース技術をコアにした同社のプラットフォーム「HANA」に最適化した新製品をリリースした。これは、この新製品のデータベース(DB)がHANAに限定されることを意味する。さらに、HANAはクラウド・ファーストを前提に開発されたこともあり、その本格的な波がERPにもようやく到達したといえよう。トップベンダーのこうしたドラスティックな変革が、市場に大きな影響を与えるのは間違いない。競合ベンダーも、従来の基幹業務システムの考え方から脱却し、新しいITトレンドに即した製品を続々リリースし、主役の座を虎視眈々と狙っている。(取材・文/本多和幸)