ネットワーク機器がソフトウェアに代替されつつある。NFV(Network Functions Virtualization)と呼ばれる仮想化技術を使い、サーバーやストレージの仮想化と同様、オープンなIAサーバーの仮想マシンの一つとして稼働させる動きが、国内でも本格的になり始めているからだ。ネットワーク機器の脱ハード、脱プロプライエタリの動きにどう対応すべきなのか、SIerやNIer、データセンター(DC)事業者を取材した。(取材・文/安藤章司)