クラウドの活用は、オンプレミスの代替ではおもしろくない。基幹システムをクラウドで稼働させるのは、クラウドの進化を証明することになるものの、クラウドの真価を発揮しているとはいえないからだ。クラウドの柔軟性やスピードは、イノベーションのエンジンとなってこそ、本当の価値を見出すことができる。ITの可能性を拡げるIoT(Internet of Things)は、その代表選手だ。