コンシューマ用ゲーム機での採用によって、話題を集めるバーチャルリアリティ(VR、仮想現実)。とくに今年は「VR元年」ともいわれるほどの盛り上がりをみせているが、エンタテインメント分野以外にも、VRの活用法を模索する動きが出てきている。業務利用向けのVRでは何ができるのかを追った。(取材・文/前田幸慧)