沖縄県内に、特色あるITビジネスインフラが整備されていることをご存じだろうか。官民を挙げ、IT産業を観光産業と並ぶ基幹産業に育てようと、さまざまな取り組みを進めている。国内のIT産業の集積地である首都圏と、東アジア、東南アジア地域をつなぐ情報通信のハブとなり、付加価値の高いビジネスを生み出すことで、県内の経済成長を牽引する流れをつくろうと構想しているのだ。かつての琉球王国が、日本、明、李氏朝鮮、マラッカ王国などとの中継貿易で栄えた歴史をなぞるように、ITで沖縄に新たな繁栄をもたらすことができるか──。(取材・文/本多和幸)