日本を代表する「ブドウ」の一大産地・山梨県で、ブドウの生育管理にITを活用する取り組みが盛り上がっている。これまで「勘」や「経験」に頼っていた部分を可視化し、品質や生産性の向上につなげることが主な目的だ。なかには、新規就農を促進し、地方創生を狙う動きも。高齢化や担い手不足が農業全体の課題となるなか、新たな挑戦の最前線を紹介する。(取材・文/廣瀬秀平)