多くの外国人観光客が訪れる関西圏。IT市場もいま、景気の上向きとともに活気づこうとしている。首都圏と比べれば規模は小さいものの、システム案件が増えており、受注を確保しながら「連携強化」をキーワードに新しいビジネスを手がけようとする動きが出ている。大阪と京都の自治体、関連団体、ITベンダーの動きを追った。(取材・文/佐相彰彦)