スマートフォンが普及し、今やほとんどの人がプライベートにおける日常的なコミュニケーション手段としてチャットを活用している。一方で、ビジネスの場ではいまだメールが主流であるものの、法人向けチャットサービスの導入が拡大している。仕事の場面でもメールからチャットへと、コミュニケーション手段が移り変わるのか。(取材・文/前田幸慧)