パブリッククラウド大手が、ユーザー企業の基幹業務システムの取り込みを加速させている。足並みを揃えるかのように有力SIerも、基幹業務システムのクラウド移行の支援ビジネスに力を入れる。営業支援やグループウェアなどのフロントエンドシステム、あるいはAI/IoTといったIT新領域は、いち早くクラウド活用が進展した。しかし、既存のIT領域の代表格である基幹業務システムは、依然としてオンプレミスかSIerのデータセンター(DC)でのハウジングが主流である。企業ITの“本丸”ともいえる基幹業務のクラウド進展をSIerは、どう受け止め、どこにビジネスチャンスを見出しているのか。(取材・文/安藤章司)