デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業の生き残りにとって不可避な取り組みとさえいわれるようになった。だが、日本の企業の実態をみると、掛け声は高まるものの、DXに対する投資意欲が低く、取り組み実績において、先進的な欧米企業との差はもちろん、アジア全体と比較しても遅れがみられる。日本の企業におけるDXの取り組みと課題を追った。(取材・文/大河原克行)