Special Feature

よみがえる仙台 拡大するIoT/AIビジネス

2018/08/08 09:00

週刊BCN 2018年07月30日vol.1737掲載

 東日本大震災から7年。沿岸部に甚大な津波の被害を受けた宮城県は、地方創生と復旧・復興の二つに取り組んでいる。主要産業は漁業と水産加工業だが、震災後は深刻な人手不足に悩まされている。この救世主となるのが、IoTやAIなどのIT技術だ。自治体、大学、そして地元仙台市のITベンダーがこの難題解決に力を注ぐ。その実態を追った。(取材・文/山下彰子)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。