「働き方改革」の流れを受けて近年注目を集める「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が、本格的な普及期へ入ろうとしている。定型業務の自動化を可能にするツールとして、多くの企業・自治体で導入が拡大する一方、RPAへの過剰な期待から安易に導入することによる問題点も見受けられる。適切かつ長期的にRPAを活用していくために必要なこととは何か、押さえるべきポイントを解説する。(取材・文/谷川耕一)