「所有から利用へ」という言葉を聞いて、何を連想するだろうか。ITの世界では近年、クラウドの登場がまさに所有から利用へのビジネスモデル変革を強くリードしてきたこともあり、手垢がついたフレーズだと感じる読者も少なくないかもしれない。しかし、この流れはもはや特定の業界だけのものではない。「利用」のためのサービスを提供し、ユーザーとの契約が続く限り継続的な課金の機会が保証されるサブスクリプションビジネスは、あらゆる産業分野で急速に拡大する気配を見せている。その背景をあらためて考えるとともに、こうしたトレンドが生み出す法人向けITビジネスの新しい市場「サブスクリプションビジネスのためのITソリューション」の成長を追った。(取材・文/本多和幸)