ネットワークの構成を仮想化し、ソフトウェアによる集中制御を可能にする技術のSDN(Software Defined Networking)。ネットワーク技術としては決して新しいキーワードではなく、データセンターではすでに活用が進んでいるが、セキュリティー要求やデジタルトランスフォーメーション(DX)の機運の高まりで、一般企業のネットワークでもSDNの導入が進みつつある。なぜ今になってSDNなのか。(取材・文/日高 彰)