かつてはコモディティー市場とも言われたERPビジネスが活性化している。「SAP ERP」の標準サポート提供期限が2025年に迫る「SAP ERPの2025年問題」や、関連して経済産業省のレポートで指摘された「2025年の崖」問題を背景に、多くのERPベンダーが今こそビジネス拡大の好機だと考えている。その一つの証とも言うべきか、近年、日本市場に新たに本格参入するERPベンダーが相次いで登場している。激しくうねる基幹業務システム市場の台風の目となるか。(取材・文/本多和幸)