落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

Special Feature

「EdTech」で教育が変わる? データ活用で、一人一人に最適化した学習の実現へ

2019/06/12 09:00

週刊BCN 2019年06月03日vol.1778掲載

 教育現場でIT活用が進み、学習者がITを使って主体的に学ぶためのツールやコンテンツが充実化したことで、学び方に多様性が生まれてきている。IT活用の機会が増えることで、学習者の学習記録が集まる。それらが膨大な量となればビッグデータとなり、その分析によって、学習者一人一人に最適な学習を提供する「アダプティブラーニング」を実現することも、期待されるようになってきた。教育にITを活用する動きは、「教育(エデュケーション)」と「技術(テクノロジー)」を組み合わせた造語「エドテック(EdTech)」と呼ばれる。特にAIなどの先端技術を活用してイノベーションを起こすことに対しては、ベンチャー企業の動きが活発だ。「教育データ活用」を取り巻くエドテック企業の動向を追った。(取材・文/前田幸慧)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!